postheadericon 美術品として

古くは平安時代から生産されてきた日本刀。日本刀とは、他国の剣の技術ではなく日本独自に製法が確立されていった刀です。これらの刀は、第二次世界大戦後に武器と見なされ軒並み徴収されるまで一部の階層の方々が日常的に帯刀しており、現在では所持するには各自治体に登録する必要があります。

日本刀はかつては武器として使用されていたものであり、武器としての使用を禁じられて以降は廃れるのではないかとも目されていました。しかし、今日まで愛好家の間で流通しているのは、その鋭利な美しさや刀鍛冶の技術の素晴らしさ、鍔などの加工の精巧さといった部分から見る美術品としての価値が高いためであり、武器としてではなくコレクションとして出回っているものが主となったのです。

その日本刀の価値を判断できるのは、その知識を知り尽くした専門の買取業者のみです。特に、現在の日本の法律で刀剣の所持が制限されていること、また安全上の問題から通常のリサイクルショップでは取り扱いをほぼ行っていません。そのため、刀剣の買取を行っているのは美術商などとなるわけです。

古美術の価値を把握している業者は、買取に関しても真摯です。美術品としての日本刀は価値の高いもので、ファンも根強いことからそれなりの価値をわかっている方のみが取引業界に残ることができます。特に、買取や販売実績が高い店なら安心して売ることができるでしょう。

日本刀の買取を依頼するなら、価値や取扱方法までもよく理解している業者を選ぶべきでしょう。

お勧めサイト

日本刀の買取サービスをお探しなら「いわの美術」
刀剣の価値を見出して買取してくれるお店はこちら<マルカ>

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし